春の嵐9

今朝は、晴れています。
何事もなかったように、美しい青い空が、見えます。
何事もなかったように、白い雲が、流れています。
美しい春の空の色に戻っています。

昨夜、多摩地域には、強い風と激しい雨がありました。
遅い春の嵐(あらし)のようでした。
西の方には、濃い灰色の雲が、見えます。
まだ風も、吹いています。

今は、太陽が、かがやいています。
明るい日光が、そそいでいます。
やわらかな春の日の光です。

八重桜(やえざくら)の花びらは、ほとんど散ってしまいました。
美しい青い若葉が、出ています。
柿(かき)の若葉、葡萄(ぶどう)の若葉も、日に日に、成長しています。
楓(かえで)の若葉も、欅(けやき)の若葉も、日に日に、成長しています。
美しい若葉たちです。
この春の嵐を経て、初夏の季節になるようです。

「いちはやく若葉となれる桜より 風の日花のニ三片とぶ」(佐藤佐太郎 開冬 昭和49年)
「みづからの幹をめぐりて枝あそぶ 柳一木はふく風のなか」(佐藤佐太郎 開冬 昭和49年)

「春嵐鳩飛ぶ翅を張りづめに」(橋本多佳子
「春嵐親にそむきしことあらず」(堀口星眠)