タンポポ12

今朝は、晴れています。
昨夜は、夜中に、多摩地域は、強風と大雨でした。
2週間ぶりの、まとまった雨でした。

今は、晴れ間に、薄日(うすび)が洩れます。
まだ青空は見えません。
灰色の雲が、多いです。

散歩に出ると、道端に、タンポポが咲いています。
目の覚めるような、あざやかな黄色です。
タンポポの花も、すばらしい地上の天国です。

水仙の花も、咲いています。
花びらは黄色です。
八重桜(やえざくら)も、満開です。
石楠花(しゃくなげ)も、満開です。
ともに、昨夜の強風にも、散りませんでした。
花びらはみんな、太陽の光を真似(まね)した色と形です。
人の眼も、やはり太陽の光を真似(まね)した形なのでしょう。

「たんぽぽの上に強風の村黄なり」(飯田龍太 童眸 昭和33年)
「すずめをどるやたんぽぽちるや」(山頭火 其中一人)

「絮(わた)毛の旅 水あれば水にはげまされ」(能村登四郎
「蒲公英(たんぽぽ)の絮(わた)吹いてすぐ仲好しに」(堀口星眠)