薫風4

今朝も、多摩地域は、よく晴れています。
青い空です。
美しい青です。
雲は,霞のような、薄い白い雲です。
朝から、太陽が照っています。
初夏の日光が、そそいでいます。

葡萄(ぶどう)の若葉、柿(かき)の青葉が、輝いています。
青葉、若葉が、あざやかです。
風が薫るような季節です。
すばらしい天気です。

蝶が舞ってきます。
夏の蝶です。
小さな蝶と、中くらいの蝶です。

「青のりに風こそ薫れとろろ汁」(蕪村 落日庵)
「耳目肺腸(じもくはいちゃう)ここに玉まく芭蕉庵」(蕪村 洛東芭蕉庵落成の日 落日庵)
(註)玉まく芭蕉=初夏のころ、堅く巻いた新葉を生じ、やがて伸びほぐれて葉を広くひろげる。蕉翁の俳諧精神のすべてをこの芭蕉の葉に包み込んで、芭蕉庵が完成した。(蕪村全集、講談社)