柿の花5

今朝も、よく晴れています。
青い空です。
美しい青です。
白い雲が、浮かんでいます。
美しい白です。
風は、そよ風が、吹いています。

朝から、太陽が照っています。
やわらかな日光が、そそいでいます。
申し分のない、初夏の光です。
美しい日の光です。

柿(かき)の若葉、葡萄(ぶどう)の若葉が、美しいです。
若葉は、みんな薄い緑です。
日の光に、透けています。
美しい若葉です。

よく見ると、柿の花が、いくつも、咲いています。
美しい白い小さな花です。
小さな水仙の花のように、まん中が黄色です。
美しい柿の花です。

草木が、美しい季節です。
小さな白い蝶が、舞っています。
小さな茶色の蜂も、飛んでいます。
すばらしい自然の美しさです。

「柿の花おちしところに落つるもの 柿の実にして逝く日々早し」(佐藤佐太郎 天眼 昭和53年)
「草木の上にも神はやどれるを 八百万神(やおよろづのかみ)といひしいにしへ」(佐藤佐太郎 開冬 昭和47年)
「天は老い地は荒れたりといふ言葉 おもひ出づるは何のはずみか」(佐藤佐太郎 開冬 昭和47年)

「柿の花きのふ散りしは黄ばみ見ゆ」(蕪村 新花摘)
「渋柿の花散る里となりにけり」(蕪村 新花摘)
「柿の花こぼるる枝の低きかな」(富安風生