立夏9

今朝も、よく晴れています。
青い空が、ひろがっています。
美しい初夏の空です。
霞のような、薄い雲です。

暦の上では、立夏(りっか)です。
端午の節句、です。
風薫る五月、です。
青葉、若葉が、美しく輝いています。

京は季節の都、といわれます。
「目には青葉 山時鳥 初鰹」(山口素堂)
日本は旬(しゅん)の国です。

日本人の生き方は「今、ここ」です。
神は、八百万(やおよろず)の神です。
「いわしの頭も信心から」です。
菖蒲も、魔除けになります。

今朝の東京の日の出は、4時45分、日の入りは、午後6時31分です。
日が長くなって、13時間46分間が、昼間です。

私のブログは、きょうで、4500回です。
お読みくださっている方々に、感謝します。

「しまうまがシャツ着て跳ねて夏来(きた)る」(富安風生
「円空仏一切省略夏に入る」(林翔

「夏に入る高嶺は沖の島を呼び」(飯田龍太 山の木 昭和47年)
「夏に入る星の網の目しんと透き」(飯田龍太 山の木 昭和47年)