柿若葉9

今朝も、多摩地域は、晴れています。
西の空には、雲が多いです。
東の空に、青空が、うっすらと見えます。
薄日(うすび)は射しています。
やわらかな日の光がそそいでいます。

柿(かき)の若葉が、日に日に、少しずつ大きくなっています。
まことに、美しい萌黄(もえぎ)色です。
若々しい葉に感動します。
自然の色と形の美しさです。

今朝も、ウグイスの声が聞こえました。
まことに、妙なる声です。
自然の音と響(ひび)きの美しさです。

八重桜(やえざくら)には、花が少し残っています。
桜(さくら)の葉も、若々しいです。
まことに、美しい葉です。
春は、なにもかも幼くて、全てが美しいです。

「馬鈴薯(いも)買ひて妻かへり来ぬ 澤窪の若葉くもれる夕月夜の道」(赤彦 亀原の家 大正6年)
「月くもる青葉の道は寂しきか 唄をうたひて通る人あり」(赤彦 亀原の家 大正6年)
「小夜ふけて青葉の空の雨もよひ 光乏しく月傾きぬ」(赤彦 亀原の家 大正6年)

「柿若葉むかしちちはは貧に澄み」(藤沢紗智子
「柿若葉和上(わじょう)といへば鑑真ぞ」(倉橋羊村)
「柿若葉口をすすぐも背戸の川」(室生犀星