紫蘇の花12

今朝も、晴れています。
多摩地域は、雲が多い朝です。
午後、雨が降るかもしれない予報です。

今は、東の空は、明るいです。
薄日(うすび)が射しています。
西の空には、やや、うすい灰色の雲が見えます。

風は、ありません。
少し涼しさを感じます。
秋の空気です。

雑草の中に、紫蘇(しそ)の花が見えます。
白い小さな、小さな花です。
穂の先に、2、3ミリの花が、咲いています。
やがて紫蘇の実がなるでしょう。

露草(つゆくさ)の花も、まだ咲いています。
青い瑠璃(るり)色の中に、小さな黄色が見えます。
縷紅草(るこうそう)の花も、咲きはじめました。
ギザギザの葉の、長い蔓(つる)を伸ばしています。
濃い紅色の小さな花です。
みんな珠玉のような秋の花々です。

「秋さびしもののともしさ ひと本(もと)の野稗(のびえ)の垂穂(たりほ)瓶(かめ)に挿したり」(古泉千樫 稗の穂 大正13年)
「秋の空ふかみゆくらし 瓶にさす草稗(くさびえ)の穂のさびたる見れば」(古泉千樫 稗の穂 大正13年)

「夕影や色落す紫蘇の露重み」(杉風
「雑草に交らじと紫蘇匂ひ立つ」(篠田悌二郎)