稍寒5

今朝は、曇り空です。
朝方まで、雨が降っていました。
稍寒(ややさむ)い朝です。
今朝の気温は、摂氏17度です。

気圧の変化に弱いせいか、朝、起きる時、頭痛がします。
10時ころ、やっと起き上がりました。
朝食も、抜きました。

朝顔の花が、たくさん咲いています。
どれも美しい、うすい藍(あい)色の花です。
数えると、12、3個も咲いています。

昼ごろから、にわかに晴れてきました。
久しぶりの美しい青空が、ひろがっています。
太陽も輝き、暑い日射しが照りつけています。
本来の秋の日に戻りそうです。

今朝の東京の日の出は、5時14分、日の入りは、午後6時7分です。
日中は、13時間を切りました。
天気は確実に、秋に入っています。

「草のうへに朝おく庭の露みれば 袖も涼しく秋はきにけり」(衣笠前内大臣 早秋 玉葉集秋上)
「かねてだに涼しかりしを 片岡の森の木ずゑの秋の初風」(後二条院権大納言典侍 秋の歌 玉葉集秋上)

「やや寒み襟を正して坐りけり」(子規 明治28年)
「風ひくな肌寒頃の臍の穴」(子規 布袋の眠りたる画に 明治28年)